トークで相手に好印象を与えるには「聞き上手」になることを目指しましょう。

MENU

好印象なトークの秘訣

相槌をうつ

相手に「自分の話を聞いてくれている」という印象を与える事が出来ます。
女性は話す事が好きなので、それを相手に聞いてもらっているという実感を得ることに喜びを得る事ができます。
トークの上手だと思われる秘訣の1つに、「聞き上手」というスキルがあるほどです。

 

人の話にかぶせて話をしない

最後まで人の話を聞いてから話し始めるようにしましょう。
話の腰を折るようなことをしてしまうと、相手を不快な気分にさせてしまします。
また、相手の意見に例え自分の考えとは違うところがあっても、一方的に攻撃せず、相手の意見を尊重しつつ自分の意見を話すようにしましょう。

 

自分の話ばかりしない

相手とキャッチボールできるような話をする事が大事です。
わかりやすい言葉で、相手も話しやすいような話題にすると良いでしょう。
自分の話ばかりしては、相手が不快感を持ってしまうかもしれません。
相手と「会話」をすることによって、相手に良い印象を与えることも出来ますし、相手に自分のことを知ってもらうこともできます。

 

専門用語を使わない

一般的ではない業界用語や専門用語を使うのはやめましょう。
相手に全くわからないような用語を並べる事は、相手に不快感を与えてしまいます。
相手がわかるような内容を話すことを心掛けましょう。
また、そういったさりげない気遣いで相手に好印象を与える事もできます。

 

相手のテンションに合わせて話をする

自分ばかり盛り上げて話をしてしまってはいけません。
きちんと相手との空気を読み、それに合わせた話し方をするようにしましょう。
さりげない配慮は相手に好印象をあたえます。

 

相手と前に話した内容を踏まえて話をする

前に話したことを覚えていて、それを踏まえた話をすると、相手に「自分ときちんと向き合ってくれている」という印象を与える事が出来ます。
話の流れなどで上手に持ち出すようにしましょう。