告白やキス、甘い雰囲気を作ることが可能なデートプランを練りましょう。

MENU

2回目以降のデート

告白できる状況を作る

一回目のデートは、おためしデートでもあるので、楽しめさえすれば問題ありません。
しかし、二回目ともなれば、デートも本格的なものとなり、男女の関係を深く意識したデートになってきます。

 

付き合うためには告白が必要ですし、雰囲気によってはキスをすることもあります。
このため、こうした状況を作ることができるデートを考えてください。

 

例えば、毎回テーマパークに行くデートをした場合、楽しむことはできても、そこからの進展はあり得ません。人ゴミのテーマパーク内では、告白なんてできるはずがないですし、キスをすることもできないからです。
逆に、静かで夜景が綺麗な場所でデートすれば、おのずと雰囲気も甘くなりますし、告白のシチュエーションとしては申し分ないですね。

 

 

夜を実感できるデートを計画

告白などを考えた場合、それを行う状況は夜が一般的です。
また、二回目以降のデートでは関係の進展を狙っていくことになるため、
その意味でも、夜の時間を実感できるデートを計画するべきです。

 

ショッピングなどの室内では夜を実感できないですし、昼間しか楽しめないデート先も問題です。
もし夜を実感できるデートができないのであれば、夕食の誘いのように、夜をメインにしたデートに誘うのも効果的です。

 

夜をメインのデート

 

デート後を想定する

デート後に告白し、雰囲気によってはホテルに行く、そんな状況もあり得ます。
これは男性にとっては願ってもないことですが、こうした進展を叶えるためには、それが可能なデート先を選ばなければなりません。

 

例えば、映画館に行くとして、その近くに一切楽しめる場所がない場合、映画を観てそれで終わりです。これではその後の進展は期待できないですし、二人の関係が深まることもありません。

 

二回目以降のデートでは、デートそのものはもちろん、デート後の時間が重要になってくるのです。

 

二回目以降のデートでは、単にデートを楽しむのではなく、女性との関係を深めることが目的になります。それには告白やキス、甘い雰囲気を作ることが必須であり、これらを叶えることが可能なデートプランを練ってください。