「楽しい」、「また行きたい」と思ってもらえるデート先を計画しましょう。

MENU

初デートに良い場所

やることのある場所

初デートは初々しい分、会話がうまく弾まないケースが多いのが一般的です。
このため、その弱点を克服するため、何かやることのある場所を選ぶのが鉄則です。

 

例えばテーマパークなら、遊ぶこと自体で楽しめるため、会話がうまくできなくても問題ありません。

 

また、アトラクションが豊富にあることで、それらのアトラクション自体を会話のネタにできるため、会話に困ることもなく、沈黙が起こりにくくなるのです。
初デートの敵は沈黙なので、例で挙げたテーマパークのように、それが起こらない場所を考えてください。

 

ジェットコースター

 

楽しいという感想を目指す

そもそも初デートの感想として、女性にどう思ってもらいたいかを考えてください。

 

ここで正解となる答えは、“楽しい”という感想を持ってもらうことです。
男女の付き合いにおいて、女性は様々な感情を抱きます。

 

甘い、嬉しい、綺麗、どれも感情としては悪くないですが、初デートにおいては楽しさが重要です。
このため、ムードのいい場所よりも、人がたくさんいて賑やかな場所を選ぶのがおススメです。

 

キスやエッチへの意識を女性が持つのは二度目のデート以降なので、まずは“楽しい”、“また行きたい”、そう思ってもらえるデート先を計画してください。

 

 

密室はNG

おススメのデート先を知るのも大切ですが、逆にNG例を知っておくことも大切です。

 

ちなみに初デートでNGと言われる場所は、自宅やカラオケなどの密室です。
特に自宅では、女性はエッチ目当てのデートだと判断してしまいます。

 

また、男性にそのつもりがないにしても、密室では会話の機会が頻繁に訪れるため、沈黙になりやすいのです。

 

沈黙の可能性を考えるなら、密室ではないにしろ単に食事に行くなどのデートもNGです。
「密室=自宅」のイメージが強いですが、その他にも室内で二人きりの状況ができあがるデート先は存在するため、その点に注意してください。

 

 

これらの点は、初デートであることはもちろん、デートの初心者に向けての解説になります。このため、お互いデートの経験に慣れているカップルの場合は、例え二人にとっての初デートでも、そこまで注意する必要はありません。