男性がお見合いで気をつけたほうがいい最低限のマナーがありますのでこれらを気をつけましょう。

MENU

女性と会う際のマナー【お見合い】

身だしなみに気をつける

友人からの紹介と言うわけではなく、1対1でのお見合いをするのであれば、ジャケットにシャツなどあまり堅苦しくなく軽くもない服装を選びましょう。
待ち合わせ場所や仲人さんがいるなどの状況に応じて、スーツ等のほうがいいようであれば、それでもかまいません。
シャツのしわや汚れなどに気を配る事を忘れないようにしましょう。

 

清潔感に気をつける

無精ひげやや髪の毛が伸びきっているような状態では、相手に好印象を与える事が出来ません。
髭は剃り髪はスッキリと切りそろえ、セットするときは整髪料でべたべたにならないようにしましょう。また、スキンケアは普段から心掛けるようにしましょう。
爪もきちんと切りそろえ、靴も埃を払っておくようにしましょう。

 

遅刻しない

待ち合わせをするのにもかかわらず、遅刻してしてしまうのは、それだけで相手に悪印象を与えてしまいます。
相手を迎える余裕をもてるくらいの時間につけるようにしましょう。

 

挨拶をきちんとする

挨拶は男性側からするのがマナーです。
はきはきとさわやかに挨拶するように心掛けましょう。第一印象はここから始まります。

 

相手の話を聞くことと自分の考えを伝える

まずは男性側から話しかけるのがよいでしょう。
相手が質問に答えてくれたら、きちんと話を最後まで聞くようにしましょう。
また、相手の質問にはきちんと答えましょう。
自分の考えをきちんと伝える事が大事です。

 

お会計は男性側で

お会計の伝票は自分のほうに引き寄せましょう。
「こちら側で払う」という意思表示につながります。
もし、女性側で払う意思が強いようなら大まかな割り勘にするようにしましょう。

 

お礼のメールは忘れずに

お礼のメールは忘れずに送るようにしましょう。
相手がその気であれば、デートの約束を取り付け、あまり脈が無いような感じであれば、次のお見合いを頑張りましょう。