チャンスが何度もあることが紹介での出会いの強みなので、焦らずに攻めるのが鉄則です。

MENU

女性と会う際のマナー【紹介】

紹介元の人間性を考える

紹介するにしても、されるにしても、必ず紹介元がいるわけで、そこがキーポイントになります。
女性としては紹介元を信頼して、あなたと会うことを了承しているのです。
このため、紹介元の人間性を考え、それを意識した接し方を心がけてください。

 

あの人の紹介にしてはいまいちだった”、女性がこう思ってしまえば失敗ですし、
そうなると紹介元の人にも泥を塗ってしまうことになるのです。

 

紹介が決まった時点で、女性は紹介元の人の性格から、あなたのことをイメージします。
紹介元の人間性を考えた行動をとることで、そのイメージを裏切らず、いい出会いと女性に思ってもらえます。

 

 

勝負をあせらない

紹介の出会いの利点は、その出会いが偶然でないということです。
出会い系やナンパなどと違い、紹介の場合は、紹介元の人との交流を絶たない限り、今後いつでもその女性と会うことが可能です。

 

このため、いくら好みの女性と出会えたとしても、勝負をあせってはいけません。

 

もちろん消極的すぎるのも考えものですが、少なくとも一度目の時は、二度目の約束ができればOKです。まずはあなたに好感を持ってもらう、いい人だと思ってもらう、それを目指すことを考えてください。

 

 

交流を深める行為は欠かさない

紹介をするからには、お互い恋愛関係への発展に期待していることになります。
友人を一人増やしたいという理由で紹介を望む女性はいませんし、それはあなたも同意見のはずです。

 

このため、この先交流を深めるための行為を欠かしてはいけません。

 

次の約束連絡先交換、紹介での出会いにおいて、これらはマナーの一つです。
いきなり連絡先を交換することに抵抗を感じる男性もいるかもしれませんが、それをしなければ、女性としては何のために紹介を望んだのかと疑問に感じてしまいます。

 

連絡先を交換する

 

 

紹介での出会いの強みは、チャンスが何度もあるということです。
このため、初対面で勝負をかける必要はなく、あせらずに攻めるのが鉄則になります。

 

もちろん雰囲気次第では押してもいいですが少なくとも、無理に攻める必要はないのです。
まずお互いをよく知り、その上で今後の交流に発展させる、そんなマニュアルどおりの手順を目指しましょう。