初対面の女性との出会いの際に気をつけたいマナーのまとめ

MENU

初対面の女性との出会いの際に気をつけたいマナー

マナー、それは社会人の世界では、女性に好感を持ってもらうために最も大切な要素です。

 

特に初対面においては、第一印象で全て決まると言っても過言ではなく、
その第一印象に大きく影響を及ぼすのがマナーなのです。

 

ちなみにマナーとは、単に礼儀正しくすればいいと言うわけでなく、奥の深いものです。
女性と会う状況、場所によって求められるマナーが異なりますし、マナーを意識せずに接してしまうと、いつのまにか女性に嫌われてしまうこともあり得ます。

 

ここでは、そんなマナーをテーマにして、
女性に好印象を与えるためのモテるマナーを解説していきます。

 

 

 
第一印象とイメージ

第一印象は大事

初対面の女性に対してマナーが重要なのは、
マナーは男性の第一印象を作り上げるからです。

 

事実を言ってしまえば、女性が抱く第一印象というのは、単にイメージに過ぎません。
しかしイメージの力は強大で、例えあなたが真面目な男性でも、女性がそう感じなければ、女性の中では自身の抱いたイメージが正解となってしまうのです。

 

このため、いかに初対面で女性にいいイメージを与えるか、それが男性にとっては重要になってきます。そこでキーになるのがマナーなのです。
つまり、マナーに長けていれば第一印象で女性に好印象を与えることができ、その後の交流においてもスムーズに進展を狙うことができるのです。

 

 

暴走はマナーを失う

例えば、出会った女性に興味があれば、男性としては女性の名前をまず知りたいところです。ではここで名前を聞いたとして、この行動自体もマナーとしてはNGになります。

 

マナーを守った正論を挙げれば、
相手の名前を聞くには、まず自分が名乗る”です。
最もこれはマナーの基本でもあり、敢えて説明しなくても誰もが分かっている事です。

 

しかし、例のように、女性と親しくなりたいという気持ちが強くなりすぎると、男性は暴走し、その結果マナーを失ってしまうのです。
積極性と暴走は全く違うものの、これらは紙一重でもあります。
初対面の女性に対しては、積極的なアピールは暴走に発展しやすいため、まずはマナーを意識してください。

 

 

マナーは使い分けが必要

初対面の女性とのマナーを考えた時、簡単に模範例を挙げることはできません。
なぜなら、女性と出会った状況、場所によって必要なマナーが異なるからです。

 

例えば、紹介で出会ったとするなら、自己紹介を基本に、自分を知ってもらうためのマナーが優先です。
また、ライブチャットや出会い系など、大人の出会いの場であれば、自分は信頼できる人間であることを知ってもらうことが、マナーとして最優先なのです。

 

このように、出会いの状況ごとに求められるマナーが異なるため、一つのマナーをマニュアル化してしまうようでは、マナーが充分とは言えないのです。

 

 

NG例も知るべき

マナーをネットで学ぶ場合、どうしてもおススメや手本となるマナーを真っ先に調べがちです。

 

正しいマナーを知ろう

正しい知識を得ることは重要なので、それ自体は問題ないですが、同時にNG例も知っておく必要があります。
特に初対面の場合、女性は男性の行為一つずつに対して、敏感に反応します。
このため、いくら正しいマナーで接していても、たった一つNGがあれば、それが目立ってしまうのです。

 

“こうするべき”という模範のマナーを知るのはもちろん大切ですが、それだけでなく、“これはいけない”というNG例も知ることで、よりマナーに長けた男性になれるのです。

 

 

このように、マナーと一言で言っても、その奥は大変深いものになります。
このサイトでは、様々な場面を想定し、それぞれふさわしいマナーを解説し、同時にNG例も解説していきます。

 

初対面の女性に対するマナーを身に付ければ、おのずと出会いが恋愛に発展しやすいですし、
恋愛までいかなくとも、良好な関係を築けるようになるのです。

 

また、包茎など男性特有のお悩みがあり、なかなか恋愛に積極的になれないという方は
下記のサイトがおすすめです。
https://www.forestfilmfestival.org/